زيارة العيادة

٩٢ شارع التحرير
برج ساريدار - الدقي

إتصل بنا

20-2-37606985+

أرسل رسالة

info@eyecairo.net

شهادات المرضى

ليزك

手術後、かれこれ1週間以上経ちましたが、 経過は、おそらく順調です。 「眼球を入れ替えたん?」などという、 おまぬけな質問メールをくれたお母さんのために、 今回は、レーシックについて説明しましょう。 今回、お世話になったのは、カイロの眼科医Dr.カリル。 100%エジプシャンですが、 九州医大で博士をとられた方なので、日本語OK。 やたらと丁寧な日本語で対応してくれます◎ 歯医者の先生とは、大違い。 ここ最近、隊員の中でレーシックがちょっとしたブーム。 (5人の先輩が体験済み) 話を聞いてると、やりたい衝動にかられまして、ネットで調べまくりました。 すると、日本ではレーシックより、1歩進んだ、「イントラレーシック」たるものが主流(?)になってきてて・・・ 正直、迷いました。 だって、4ヶ月後に日本やし。 でも、友達2人も一緒に…ということで、勢いでやっちゃいました。 先生は、とっても親切やし、 相談にもきちんと乗ってくれるし、 腕も熟練してるし。 ・・・大丈夫。 迎えた手術当日。 ドミトリーまで、お迎えの車が来て、病院まで連れてってくれた。 着いたところは、大きくはないけど、きれいな病院。(ここ大事) 待合室で待っていると、カリル先生の登場。 昨晩はしっかり睡眠をとって、万全の体調で手術に挑めるに違いない。 カリル先生の笑顔を見て、そう悟る。 手術前に最後の検査。 角膜の何かを測る機械。 「私の鼻を見てください。目を動かさないでー」という看護婦さん。 だから、じっと鼻を見てたのに、 「動かないでー!」と何度もやり直し。 なんとか、検査も終わり、手術を受けても問題なしとのこと。 じゃんけんで手術の順番を決める。 2番目に勝って、順番も2番。 早速、1番目の友達が手術室へ。 長い・・・ なかなか出てこない。 次に、私に声がかかる。 手術室の前の部屋で、前掛けのような手術着を着せられ、靴にはビニール袋をかぶせられる。 麻酔の目薬をさされ、しばし待機。 友達がでてきた。 「痛くないよ~。すぐに終わったよ~。」 と、手術を終え、笑顔の彼女。 次は私。 手術室に入り、ベッドに横たわる。 ドキドキ・・・ 「それでは今から始めます。何をしてるか1つ1つ言っていきますので、 力を抜いて、リラックスしててください。まずは、目を洗います」 手術がスタート。 でも、リラックスしてと言われても、 手術代に横たわって、力が抜けるかい…。 ずっと赤い光を見るよう言われ、それを見続ける。 「では、まぶたを固定します」 目をつぶらないよう、まぶたの上下にテープが貼られ、さらに、なにかで固定されて圧迫される。 目が乾く…はずが、よくわからない感覚で、それがまた気持ち悪い。 「角膜を削ります」 どんな風にされてるかわからない…私はひたすら赤い光を見続けるのみ。 手足には変な汗。 「めくります」 ペラっと、削った角膜がめくられる。 これは、めくった!っていうのが、リアルにわかった。 めくった瞬間、赤い光がぼわーっとして、色しかわからなくなった。 私は、人体実験の被験者…。 「レーザーを当てます」 ネット上でもよく書かれていた、ジーっという機械音と、なにかの焦げたにおい。 ほんの数秒なんやろうけど、ちょっと当てすぎじゃない?って思うくらい、長く感じられた。 「角膜を戻します」 ぺろんと角膜が戻ってきて、赤い色が、ランプであることが再びわかる。 そして、目を洗い、めくった角膜をキレイに戻すために、 綿棒のような、ハケのようなもので、角膜をなでる。 洗浄しながら、何度もなでる。 戻した角膜がしわにならないよう、しっかり、丁寧に、確実にしておいてもらわないといけない行程だけど、 なんと表現してよいのやら… 眼球をなでられているのに、感覚がない、というこの状態、とにかく気持ちがよいものではない。 手足はさらに汗ばみ、口の奥に、へんな唾がたまってくる。 気持ち悪い。 早く終わって。 もう勘弁して。 「はい、うまくいきました。次は左目…」と、無事に片眼終了。 そして、左目も同じように手術がスタート。 まぶたを固定される時に、痛みを感じ、 「先生、痛い、痛いです」と焦りの訴え。 麻酔が効いてない状態で、手術が続行されてはたまらん。 「ほとんどの人が、片眼終わって、ちょっと気持ちに余裕ができるのか、 左目の時に痛みを感じる人が多いんです。念のため、もう1回麻酔の目薬をしますね。」と、 完全びびりまくりの私に、優しい言葉をかけてくれるカリル先生。 右目と同じように、1つ1つ行程が進んでいく。 気持ちに余裕ができたのか、 発言する余裕がでてきた私。 「怖い・・・」「先生、大丈夫ですか?」「うまくいってますか?」 そして、1番キライな行程、眼球なでなで。 「先生、まだですか・・・?」 終わったあとには、「先生、成功しましたか・・・?」 手術前は不安がる友達に、「大丈夫やって~」なんてほざいてましたが、 私が1番のへたれ&びびりやったのは、ゆうまでもない。 「全然大丈夫やった~!眼球なでるのは、眼球マッサージみたいで気持ちよかった~♪」と余裕の表情の友達2人。 どこが、マッサージだ…。 そして、手術直後に「よく見える~」と言っていた2人に対し、 「白くて、ぼーっとしてよく見えない・・・目を開けると、涙が出てくる・・・」 と、精神的ダメージからか、目の調子も冴えない(笑) もう目つぶっときな~と、2人に手をつないでもらい、帰りの送迎車に乗り込む。 1人で受けにこなくてほんとよかった…。 ドミトリーに帰って、ごはんを食べて(ここは私。どんな状況においても、おなかはすく)、おとなしく寝る。 そろそろ麻酔の切れてきたころか、涙がボロボロでてくる。 痛~い・・・ 夕方、起きると、痛みがなくなっていた。 そして、見える。 これが、裸眼?信じられないことが起こっている。 自然とテンションもあがる。 気をよくし、検診前にカフェで腹ごしらえ。 店を見渡し、再び感動。 ☆よく見える☆ 両眼とも、0.1以下だった視力が、当日夜の検診で、1.0まで回復。 医学の進歩、ほんとに信じられません! 快適裸眼生活、最高です♪

今まで私が使っていたコンタクトレンズも用意できるとのことでしたが、レーシック手術を受けて裸眼でよく 見えるようになった方がいいのではないですか?といわれ、手術が可能かどうかの検査を受けてみることにしました。 その結果、手術が受けられるとのことで、1週間後に予約をとりました。知人達に相談してみると、レーシック手術 を受けた人を知っているという人が多く、同僚にも手術を受けた人がいることもわかりました。エジプトでは意外にも レーシック手術が普通に行われていて、進歩していることがわかりました。 1週間後、レーシック手術をするためのセンターで、さらに詳しい検査を受け、翌日手術をしてもらうことになりました。 カリル先生からいろいろくわしく説明を受け、丁寧に診察していただき、この先生なら大丈夫と思いました。たぶんカリル先生 に出会わなかったら、エジプトでは手術はしていなかったでしょう。 そして、当日朝10時に手術センターに行き、ドキドキしながら待っていると先生がいらっしゃって、 準備ができると呼ばれ、先生から「全然心配なし」と言ってもらい緊張がほぐれました。次に何をするか 日本語でその都度言ってくださり、レーザー光線がきれいだなあと思ってる間に終わりました。しばらくはぼやっとしてましたが、 少し休んで先生のクリニックに戻り検査をして、タクシーに乗って一人で帰れました、そして今、コンタクトレンズなしでよー く見えています。まさか本当にエジプトでこんな手術を受けるとは思ってもいませんでした。いい経験をしました。